イラン2018#2 シーラーズ

2018年2月11日(日)シーラーズに到着!

15:00頃シーラーズに到着。やっと移動モードから観光モードへ。

記念すべき、最初の観光スポットはお墓。

エマームザーデイェ・アリー・エブネ・ハムゼ

イスラムシーア派指導者/第八代イマームの甥にあたるアリー・エブネ・ハムゼさんのお墓。

墓!?

観光客でも女性はチャドル必須なので、レンタルします。

チャーミングな女性が着せてくれます。

見た目は派手なカオナシみたいになる。

その後ツーリストインフォメーション的な所に行き、

チャイとお菓子をご馳走になりながら、歴史についてのうんぬんを

日本語ガイド越しに伺います。

偉いお坊さんなんかも現れたりして、なんだか恐縮です。

女性限定エリアにも通して下さいました。

みんなお祈りしたり、スマホの充電(笑)

全て鏡で出来ているので、万華鏡の中にいるみたい!

シャー・チェラーグ廟


ここは厳しい。入場の時に荷物チェックがある。

でも難なくスルーしたのでカメラで写真撮っていたら、注意されてしまった。

庭には誰でも入れるけど、廟にはイスラム教徒しか入れない模様。

他の方のブログでは入れたって情報もあったけど、どうやら運次第。

中、見てみたかったなぁあああ!!

当日の担当者が厳しい方だったのか、ガイドさんも「ごめん。諦めて」って感じ。

バーザール!

バザールでござーる。

バザールってペルシャ語だったんだね。

お土産から日用品まで。国が変わっても買い物は楽しい。

今はザクロが旬って事でザクロジュース!

日本ではザクロって高級だけど、1USドルくらいだったと思われる。


バーザールを冷やかした後はさっさとホテルへ。

17:00くらいにチェックイン。

早くシャワー浴びて、横になって寝たい。

夕食はレストランとか行く気になれず、テイクアウトで。

ガイドの助けもなくボディランゲージのみで、

チキンケバブ、トマト、マッシュルームとナンをゲット。

「チン」「ニイハオ」と言われる。

いやいや、「ジャポネ」と言うと態度激変。

改めて親日なイランでした。

イラン旅行#3 ナスィーロル・モルク・モスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました