イラン2018#3 ナスィーロル・モルク・モスク

2018年2月12日(月)ローズモスクの夢を叶える日

ナスィーロル・モルク・モスク


そもそもイランに行きたい!と思ったきっかけがこのモスク。

ナスィーロル・モルク・モスク (愛称:ローズモスク)

この美しいステンドグラス越しの光は、太陽の角度から

「冬の午前中限定」

この為に冬にイランに行けるタイミングを狙っておりました。

もう、入口の時点で素晴らしい!

ナスィーロル・モルク・モスク

なんじゃこりゃ!?

イランは元々アフリカ大陸だったそうで、地震を繰り返して今の位置へ。

だから日本と同じ大陸から剥がれた地震大国なんですって。

それを踏まえた上での建築。

石との間に木材を挟んで揺れを吸収しているそうです。

ナスィーロル・モルク・モスク

免震構造上等!!!

そして、いよいよ大本命!

ナスィーロル・モルク・モスク

夢の中

どこを見ても、美しい!!!!!!!

ナスィーロル・モルク・モスク

この為にやってきた

光の加減で見え方が変わるので、いつまでいても飽きない。

ナスィーロル・モルク・モスク

スマホを見てるよw

ナスィーロル・モルク・モスク

計算され過ぎ

スポンサーリンク

ここで日本人の20代女性とお話をさせて頂くことに。

今はホーチミンに住んでいて、2週間ほどイラン旅しているそうで。

よければ夕飯一緒にどうですか?って約束をして、私はペルセポリスへ向かいます。

ペルセポリス&周辺

シーラーズの市内から1時間弱でペルセポリスに到着。

大きい荷物は預けないとダメ。

ポシェット的なものと、リュックのスタイルだったんだけど、リュックはNGと言われてしまった。

入口で無料(だったと思う)で預ける。

広くて日影がなく、お水系は必須なので、ペットボトル入るくらいのショルダーバックが良いかも。

ペルセポリス

どーんとレリーフ

ペルセポリス イラン航空

イラン航空のモチーフ

ペルセポリス

教科書で見た

スポンサーリンク

歴史は詳しくないけど紀元前に栄えていた王朝なので、「とりあえずスゴイ感じ」はあります。

そしてイラン人にモテまくる。

「どこから来たの?」

「日本!!!経済も技術も素晴らしい国だね」

「一緒に写真撮ろうよ!」

「アイラブユー!!!(投げキッス付)」

技術はスゴイ部分もあるけど、経済大国って神話は崩れてますよ。

なんて、余計な話はせず(つーかそんな英語力はない)

笑ってごまかす。

ペルセポリス

イランの方がすごいよ

ペルセポリス

ショッピングモール的なとこ

民芸品、お菓子等を売ってる。英語堪能。

ここでも日本から来たって言うと雰囲気が変わるw

この後は、ツアー客が利用するであろうレストランで昼食。

お墓シリーズを観光。

でかっ!

一枚の岩から切り出しているんだからスゴイ。

当時の王様は、即位と同時にお墓を作ったらしいよ。

生きてるうちに間に合わないから(笑)

ペトラ@ヨルダンに行きたくなった。

シーラーズ市内観光

ペルセポリスから戻り、オールドバーザールとハマムの見学。

ハマム

スーパー銭湯!

銭湯好きの私にはたまらんです。

昔からサウナ、アカスリあったんだねぇ。。。。。

アカスリ

歴史あるアカスリ

後はオールドバザールをぶらぶら。

シーラーズ バーザール

はーカワイイ!!

シーラーズ バーザール

バーザールっぽい!

シーラーズ バーザール

ギャッペという厚い絨毯

シーラーズ バーザール

雑なパリのイメージw

シーラーズ バーザール

スパイスの器が可愛すぎる

スポンサーリンク

シーラーズの名物アイス「ファルデ」を頂きました。1ドルくらい。

甘いシロップの中に凍らせたそうめんが入っていて「バリバリ言わせながら食う(笑)」って感じのスイーツでした。

シーラーズ バーザール ファルデ

サーティーワン的な店

ホテルに戻って、近所の商店を冷やかし。

パンやら、ナンやら、粉系が充実。

シーラーズ バーザール

小麦粉文化か。

19:00にホテルロビーにて、知り合った日本人女性と待ち合わせして、ガイドさんと、ドライバーさんと4人で生演奏が聴けるレストランへ。

シーラーズ レストラン

落ち着く

イランらしく、絨毯の上で頂きます。

生演奏のジャンルはインドの「踊るなんとか」系と昭和演歌を混ぜたような。。

非常に独特だけど、パターンが分かれば作れそうな感じw

お酒が基本NGなので、爆音で音楽を聴きながら茶を飲む感じです。

このライブレストランで火が付いたのか、ガイドさんが過去の経験を暴露。

日本にいたときは坂本冬美と共演したとか、

のど自慢に出たとか、キングレコードからCD出したとか、、、、

どこまで本当か分からないけど楽しい夕食になりました。

イラン旅行#4 カラート村経由イスファハンへ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました