イラン2018#6 カシャーン

2018年2月15日(木)カシャーン

あああああっ!?という間に最終日に突入。

元のツアーではテヘラン泊でしたが、

近くにカシャーンという街があることを知り、こっちに変更。

カシャーン邸宅巡り

カシャーンという街はキャラバンの宿場町として栄えたらしい。

三宿や三軒茶屋と同じ感じ?

しかし金持ち規模が全然違う。

なんなんすか?このステンドグラス。家か!?

天井もイチイチおしゃれ。家か!?

本当に家なのか!?

偉い人のお墓

またキンキラキン。

偉い人の墓はゴージャスに!

昔のハマム(銭湯)

日本と同じで、家風呂が定着したら廃れてしまった。

「風呂好き」ってところで、イランってアジアなんだなぁーと改めて感じます。

銭湯の屋根の上。

灯りとりになってるヤツがオウムっぽくて良い。

屋根の上を散歩できて楽しいけど、ドームに登ったら怒られちゃった。

フィーン庭園

ペルシャ式庭園ってことで世界遺産登録らしいっす。

砂漠の街に施された水路が面白い。

チャイハネも可愛い!

アラベスク文様が素晴らしい。

カシャーンはバラの産地だそうで。

バラ水、バラオイル、バラ製品だらけ。

バラ香水、余計な成分が入ってなさそうなピュアな香りで、お土産と自分用と5本購入。

さよならイラン

カシャーン周辺の観光を済ませ、ランチの後はテヘランの国際空港を目指します。

途中、立派なサービスエリアで買い物。

紅茶、砂糖、ピスタチオ、ギャズ・・・・いわゆるバラまき系土産を購入。

ギャズ系はお店で作ってるし、量り売りもあったり、

いろんな種類が入ったアソート系もあってバラまき系には最適!!!

トルコ系のファストファッションブランドなんかも入っていて面白い。

テヘランからドバイへ

エマーム・ホメイニー国際空港に到着。

5日間の旅程を支えてくれたガイドさんと、ドライバーさんとお別れ。

ドライバーさんに50万リアル、ガイドさんに50US$のチップを渡した。

そっか、チェックインは手伝って貰えないんだー。まぁいいけど。

ミャンマーの時は現地ガイドが国際線のチェックインも面倒見てくれたから期待してました。

荷物預けカウンターで、衝動買いした「やかん」を梱包して取り扱い注意ね!っと

カタコト英語で訴えたら梱包コーナーを指さされ、

「あそこでやってもらえ」と。

てっきり太っ腹エミレーツさんのご厚意かと思ってたが、有料。値段は忘れた。

最後にイランリアルを使い切るために5万リアルでアイス購入。濃くてうまい!!

カードも使えないし、リアル持ち帰っても両替できないし・・・

水も買えないウィンドウショッピングを繰り返し、飽きたので出国することに。

出国審査はあっけなく終了し、荷物チェックで引っかかる。

男性職員が女性職員を呼び出し、「全部出させろ」的な指示をした模様。

その女性職員にリュックをあさられた後、OKが出て無事出国。

結局、何が気に食わなかったのかんでしょうか??謎のまま。

出発ゲート付近をぶらぶら。数人の日本人がいた。

テヘランからドバイのエミレーツ、窓側3列に私だけ!ラッキー。

着陸前のドバイの夜景。

いつかドバイも行ってみたいな。

イラン2018#7 飛行機篇へ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました