檜洞丸2018@西丹沢

7:04新松田駅着

7:20のバスに乗れるように集合。すでにバス停には列が。

トイレに行ったり、コンビニ行ったりする余裕はありません。

座れないなーと思ったら7:20前に増便が出たので、定期便にギリギリ座れた!

さらに増便が出るのか、次の便に並ぶ人続出。

なので車内もぎゅうぎゅうって感じでなく、良かった。

8:35西丹沢自然教室着

トイレと登山届を済ませる。

檜洞丸から蛭が岳までは崩落していて通行止めらしい。行かないけど。

「はいっ!蛭が岳は諦めてくださーーい!」と大声でアナウンスするおじさんが、

嬉しそうで、なんか良かったw

9:00登山口

自然教室から舗装道路を10分ほど歩いて、登山口に到着。

つつじ新道~犬越路~用木沢出合と周遊します。

いきなりガッツリ登山道。

9:40ゴーラ沢

突然、空が開けたと思ったら沢に到着。BBQしたくなる雰囲気!

この沢を渡って、檜洞丸方面へ進みます。

橋の代わりに「滑る予感しかしない丸太」がかけてあったけど、自信がないので、

「若干の浸水リスク」を取って、浅くなっている部分を強引に横断。

9:50ゴーラ沢出発

急な階段からスタート。次の目標は展望台。

急な登りが続きます。

10:40展望台着

かなりコンパクトな展望台。。。

うすーく、うすーく富士山が見えました。

11:24ハシゴ現る!

なかなかのハシゴが登場。

しっかりしているので、ゆっくり行けば全然問題ない。

11:55標高1500m超え

やっと咲いてるツツジが現れ始める。

植物保護のための木道がメルヘン感があっていい~♪

12:10檜洞丸登頂!

3時間くらいで登頂。

4時間かかると思ったけど、快調に進んだみたい。

眺望が良い頂上ではない。

トイレは青ケ岳山荘の隣に。

頂上からは2分くらい下ります。

つまり、帰りは登ってくるのです。。(地味につらい)

トイレの神様情報

男女兼用。

和式。

足踏みポンプで押し出す方式。

ペーパー、持ち帰り用ビニ袋あり。

臭いは息を止める必要あり。(ミントで消臭したら全く気にならないレベルに)

電気も窓も小さいので暗い。

12:50犬越路に向かって出発

「危険個所多し」の看板や、「めっちゃガスって何も見えねぇ!!」に若干ビビりますが、

犬越路で下山することを選択。

お目当てもツツジも幻想的な感じ(前向き)

そして鎖場登場!

1人ずつ慎重に降りる必要があるので、渋滞するとかなりプレッシャーかと。。

単独女性、2人の女性パーティ、我々(2人)、3人男性パーティが下山中で

幸い、登る人との鎖場バッティングはなかった。

「長い鎖場」では鍋割峠の方が上だけど、

ここは「角度が急で高度感」があるので、メンタルないと行けないかも。

乗り越えたことで、スキルアップした感あります。

15:00犬越路避難小屋へ到着

ちょっとガスが晴れて山脈が見れます。ほんとは富士山とか見えちゃう系??

15:10犬越路避難小屋出発!

ここから用木沢出合まで降ります。

ここから見た檜洞丸方面に真っ黒な雲があるので、さっさと降りたい。。。

道に迷うことはなさそうだけど、整備されている登山道ではないので、

ピンクテープを確認しながら、自分の歩きやすい道を選択します。

16:00突然、太陽復活!

急に太陽が出てきて、新緑感を演出。

しかし犬越路から60分経過。

山と高原地図によれば60分で用木沢出合なんですが、全然着く気配がない。。

あれ、17:05のバスに間に合わないかも。

そこそこのデカさのヘビにも会い、発狂して時間ロス。

16:15おっ!ついに着いたか?

はい、違いましたー。あと500m。

ホント、丹沢の水はキレイ。

ユーシンブルーほどではないけど、美しい丹沢ブルーの滝。

16:30用木沢出合着

犬越路から90分で用木沢出合に到着。地図より30分オーバー。

でも決してダラダラ降りてないし、休憩もちょっとだし、

ヘビでビビったくらいなので、そんなに時間かかるハズないんだけどなぁ。。。

犬越路から60分っていう地図を信用できなくなったので、

用木沢出合から西丹沢自然教室バス停まで25分っていう表記も信用できん。

ちょっと急ぎ足で無事16:55くらいにバス停着。

ラッキーなことに、17:05の定期便より前の増便に座って乗ることができました。

そのあと

新松田駅から鶴巻温泉駅で下車し、「弘法の里湯」へ。

クリスマス時期に行ったときにもらっ割引券使用。

18:00くらいに着いたけど、混んではなく、待ちナシで快適に利用。

そのあとは、「どこまでが正規従業員か不明」な感じの地元密着店で

楽しく飲んで終了!

コメント

タイトルとURLをコピーしました