KAN謝の会

37周年かんしゃんKAN謝の会

KANさんが別の星に用事があって出掛けてしまってから半年、ファンクラブがどうなるのかって連絡もなく、どうなっちゃうのかなぁ~?と思っていたら2024/5/20にメールが届いてビックリ!

2024年6月17日~6月22日にカトリック聖ドミニコ渋谷教会にてKAN謝の会を設けて下さるとの事。

幸運にも6月19日の会にお招き頂くことができました。

まず旧山手通りに面した教会の入り口にどーんと振袖姿のKANさん

反対車線からも良く見えるから(笑)

受付では懐かしのピンクカードを渡され泣きそうになる。

感謝

聖堂内に案内されると正面にどーんと振袖姿のKANさん(入口とはバージョン違い)

思わずニヤニヤしちゃってKANさんの思うツボですわ。

振袖パネルの周りのフラワーアレンジメントがすごいKANさんに合ってたなぁ。

赤の振袖とかぶらないグリーンと白基調のアレンジ。

お隣の席になった方と、お互いどうやって予定通りに偶然にKANさんに会ったか自慢(?)をして「おぬし…やるな。」と楽しい時間を過ごしました(平たく言うとタダの出待ちw)

KANさんの奥様のご挨拶が始まり、みんな涙涙…だったんだけど「彼はお葬式は3回やってねと言っており、どうしたもんだか…」というところで爆笑(笑)

3回って!?

そしてこの後は好きなタイミングで振袖パネルに感謝を伝えるも良し、怒るもよし!という事で解散。

私は23年前に一緒に撮って頂いた写真と、その時に頂いたサインを持って感謝を伝えました。

お手紙は悩んで悩んで悩んだ結果、書けなかった。

展示

ピアノ、ギター、衣装、普段着、カンペ、譜面、ツアーパンフ、FC会報、オフィシャル大学Tシャツコレクション等。

長年ファンだった人には気絶するような展示でした。

本棚にシレっと著書「ぼけつバリほり」が陳列されてるのも良かった。

(↑のちに清水さんの仕業だと発覚w)

ずっとKANバンドでドラムとギャグを担当してた清水さんがいらして「これはあいつのさ~」って解説してくれて嬉しかった。

しかしここにも振袖パネルがあり、合計3枚も作ったのか…?

「ピアノに座っていい、なんなら乗ってもいい」と言われて大興奮で座ったけど

さいとも
さいとも

KANさんはこの景色をみてたのか

ココに座って演奏してたのか

中身はCP33だったのか

って思ったら震えと涙が止まらなくなったので一旦退散。

最後は笑顔で「ありがとうございました」と奥様に挨拶できたからヨシとしよう。

奥様、私が着ていたツアーTシャツを見て吹き出し気味だったけど(笑)

and so it goes

あの日以来KANさんの声が聴けない状態なので、テレビやラジオでうっかり再生される以外、自ら再生する事はできずにおりました。

だから音楽は「KANさん提供曲」か「カバーされたバージョン曲」か「ビリージョエル」か「当たり障りのないクラシック」を聴いている状態。

KAN謝の会が楽しかったから「もう大丈夫かも!!」と思ってライブ映像を再生したら、やっぱまだダメだった。

幸い全ての楽曲を脳内再生できるので「まぁ聴けるときがきたら聴くか」という事にして、しばらくは聖地巡礼に精を出し、その写真をココにアッペして自己満足しようと思います(←若干痛い)

スポンサーリンク

聖地巡礼 音楽篇

朝日橋

1993年リリース「弱い男の固い意志」収録

君との思い出幾つもあるけれど不思議とここだけ立ちどまってしまう
何だかつらいね朝日橋に影落ちた

当時は朝日橋ってなんなんだ!?って思ってたけど、中目黒にある目黒川にかかる橋でした。

中目黒といえば、スタレビュ要さんが30年以上ネタにしている「千円札の焼き鳥屋」はどこなんだろう(笑)

なんか逆光で分かりにくいから撮り直しに行こうw

WHITE LINE ~指定場所一時不停止

1999年リリース「KREMLINMAN」収録

はいはい御免なさい この寒い中大変ですね
でもやっぱ切符切んですか 港区海岸3丁目
1本の白いライン ふと見落としてたばっかりに
ぼく免停なんですね なぜだかあなたは隠れてた

港区海岸3丁目は簡単に見つかるけど、一時停止のラインとお巡りさんが隠れてそうな場所は見つけられなかったので、いつかリベンジ(笑)

結構、番地があるぜ海岸

レインボーブリッコの真下にて

小さき花のテレジア

2006年リリース「遥かなるまわり道の向こうで」収録

グランドの上をゆっくり電車が駅にすべる
わかってたはずの景色に今日 はじめてこころ趣く

パリ留学から帰って来た後のアルバムだったので「最後にやっぱりもう一度、河川敷に降りた」って言う歌詞はセーヌ川のことだろうと思っていました(笑)

で、たまたま多摩川浅間神社に行ったときに「河川敷の上を東横線が走ってる」のを見て

さいとも
さいとも

ココだ!

セーヌ川じゃない多摩川だ!

グランドって旧巨人軍の練習グランドのことか

KANさん巨人ファンだものね!

と感動したのを覚えています(どうでもいいw)

「ゆっくり駅にすべる」って表現がさすがよねー

「多摩川駅」に向けてすべる東横線

余談ですがココから二子玉川ライズを見たときに、ウォークマンからSING LIKE TALKINGの「Rise」が流れたことがあって「俺のウォークマン、ハイセンス~♪」と自画自賛したことがあります。

SAIGON

1998年「TIGERSONGWRITER」収録

結局ここに残された少年たちが
調和に欠けたこの世界史の 低い悲鳴を聞いて生きている

この部分の歌詞、「ミュージカル ミス・サイゴン」の「♪名はブイドイ、地獄で生まれたゴミくず」と同じような意味がある気がしている。

サイゴン川

赤い情熱は想像を超えて 50の星を砕いた

サイゴン改めホーチミンシティは2009年と2018年の2回訪れましたが、成長っぷりに驚愕。

2018の旅行記→ 弾丸ホーチミン2018

オー・ルヴォワール・パリ

2010年リリース「カンチガイもハナハダしい私の人生」収録

乾いたフォアグラのように 本質を失ってしまった私は
優しく均等な束縛を求め東京に帰る
Au revoir Parisでもやっぱり Au revoir Paris帰りたくない
さよならパリ愛すべき街
Au revoir Paris きっといつかまたパリ

7月14日には塔に花火があがる

https://www.kimurakan.com/noodles/shop/n_sgn001.php

コメント

タイトルとURLをコピーしました