大菩薩嶺2019@山梨

富士登山の前に富士山が見える山に登りたい

というイメージで大菩薩嶺。

甲斐大和駅から石丸峠入口までバス。

ここで降りたのは私たちだけ。

9:00出発

バス停と反対側にある登山口から登ります。

やたら虫が多い道を15分ほど登ると分岐。

「登山道崩落につき、場所を変更しました」と書かれていた。

苔むした道を歩く。

10:10やっと標識に出会う

途中、登山道が崩落していて、一瞬迷う。

「あれ、道がない」と思って登ったところが違っていた。

明らかにおかしいので、間違った場所まで戻って良く見ると

崩落した先に登山道が続いていた。

その先は人の踏み後はなく、鹿の爪痕しかなかった・・・・。

天気が良ければ気持ちの良い場所なんだろうなー

ってところで初めて人とすれ違う。

10:50大菩薩峠まで、あとちょっと?

ここに来る前にも若干迷う。

標識的には合ってるんだけど、登山道っぽくないし、踏み後もない。

テープも見つけられず、「合ってるよなぁ」と思いながら進む。

そしたら後ろから男性2人が!

「いやー、合ってた!合ってた!」と安堵。

安心したので、苔ちゃんを楽しむ余裕が生まれる。

この後すぐ大菩薩峠に到着。

11:20大菩薩嶺に向かう

道中にはこんな岩場もアリ。

でもこれが結構楽しい。

もうここまで来れば迷うことはナシ。

ガスガスだけど、それはそれで良い雰囲気

11:50 2000mにキター

ハイ、何も見えない。

この後12:00に2057mの山頂に立ちました。

この山頂までの道が地味で、ぬかるんでて、切ない。

前回は丸川峠方面に下山したけど、長くて楽しくないので

今回は唐松尾根から下山。

んー、こっちも地味に辛かったかな。

13:20福ちゃん荘に到着

一瞬ゴールだとカンチガイしてしまう。

いやいや、ここからまだ下りますよ。

「車道」と「登山道」の選択が可能。

ま、「登山道」を行くよね。

13:34バス停着

その辺の水溜まりで靴の泥を落とし、

14:00のバスに乗って甲斐大和駅まで。

甲斐大和駅から勝沼ぶどう郷駅に移動

勝沼ぶどうの丘にある温泉に入るために、移動。

1時間に1本くらいしか電車がなく、ここでまさかの待ち・・・。

しかし、待った甲斐あった勝沼ぶどう郷。

駅はレトロで素敵

温泉までは徒歩20分くらいかかるので

「マジかーー!」と思ったけど楽しい道のり。

ふどうが沢山実ってる!!これがワインになるんですかっ!!

消火栓が可愛い!オシャレ!!!!

天空の湯で汗を流す

天空の湯

露天風呂が絶景です。

ワイン試飲の時間が迫っているのでササッと退出。

地下ワインカーブでブリ飲み

地下ワインカーブ

1500円で試飲カップを貰い、

あとは試飲と言う名の飲み放題です。

食品の持ち込みNGなので、ツマミなしで飲むだけ。

マジで飲んだくれの為の空間です。

お気に入りをその場で買うことも可能。買わなかったけどw

さんざん飲んだ後、天空の湯の食堂に戻って蕎麦。

下山後に晴れて景色最高!そんなこともあるよねー

勝沼ぶどう郷駅には「特急」的なものは停まらないので、

ジワジワと鈍行で帰京。

駅前にはレンタサイクルもアリ、

ぶどう畑をサイクリングするのも楽しそう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました