徳島日帰り2020#2渦潮観て帰る

鳴門大橋から渦潮を見る

大塚国際美術館から徒歩で向かいます。

20分くらいだったか渦見茶屋へ到着。

びわソフトクリームを食べながら鳴門大橋を望む。

渦の道

入場料510円を払って、鳴門大橋を渡ります。

入り口では検温&消毒ね。

ドラクエウォークのお土産が取れるので、

クエストスタート!

こんな感じの橋をひたすら歩く。

高い所苦手な人はダメかも。

結構、高度感がある。

橋の中

「第九」初演の地らしいですよ???

鳴門の渦にはタイミングってものがありまして。

見事にどっぱずしや!!

ただの海。クラゲだらけ。

17時にまたおいで!と言ってくれたけど、

スミマセン、飛行機に間に合いません。

「1000円以上お買い上げで駐車場まで送迎」という

神みたいなお土産屋さんで買い込んで、

鳴門公園バス停まで送って貰いました。

鳴門天然温泉 あらたえの湯

「鳴門公園⇒徳島空港」のバスは少ないので、

飛行機の時間までかなり余ってしまう。

鳴門公園で時間を潰すのはキビシイ。

一方で「鳴門公園⇒鳴門駅」周辺に行くバスはそこそこあり、

途中の小鳴門橋というバス停は空港行のバスも停まるらしい。

じゃ小鳴門橋から徒歩圏内の温泉でまったりする作戦に。

 

ここは鳴門ボートレースの目の前で

別料金を払えばボートレース見ながら

ダラダラできるエリアに入れるっぽい。

男性の露天風呂からはボートレースが見れるっぽい。

レースはやってなかったけど、超楽しそうじゃん!!!

美味しい地ビールと枝豆でダラダラしたら、

すぐ近くの小鳴門橋バス停から

空港行のバスに乗ります。

徳島阿波おどり空港

路線バスでサクっと到着。

徳島ラーメン

うーん、イマイチ。

何が正解か分からなかった。

肉や卵は良かったけど、スープが良く分からなかった。

カードラウンジ

外からみた空港名「おどり」の裏がカードラウンジでした。

ソフトドリンク無料、マッサージ機無料です。

20:25徳島発 羽田行 JL464便

徳島空港の搭乗案内はパタパタベストテン方式。

あっという間に羽田に到着。

これで48フライト終了!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました