日々

Microsoft365アカウントをOutlookに設定できない

日々

Outlookの設定でドはまりした件

多要素認証を設定したMicrosoft365アカウントは

Outlookにサクッと設定できない!

このサクッとがポイント。

簡単にできる時もあれば、

超絶めんどくさい手順を踏むときもあって、

違いが分からない!!!!

ドはまりしたので記録しておきます。

環境

Microsoft365 BusinessBasic

多要素認証 強制

Outlook for Microsoft365 MSO 16.xxx

試したこと

2021年4月からずっと苦労していて、

PCキッティングする度に症状が異なり、

ムキー!!となっているのです・・・・。

以下、手順ではありません。片っ端から試したことです。

(A)Outlookの初回起動時の設定でメアドとMS365のパスワードを入れる

(B)グレーのポップアップ画面でパスワードを求められたらアプリのパスワードを入れる

(C)Outlookではなく「コンパネ」→「Mail」からプロファイルの追加をする

(D)おかしくなったら「コンパネ」→「資格情報マネージャー」でMS365アカウントっぽいのを削除して(C)をやり直す。

(E)おかしくなったら「設定」→「アカウント」→「職場または学校にアクセスする」を開き、MS365のアカウントを切断する。そして新規に接続し直す。そのあとに(C)をやり直す。

詳細は以下。

(A)Outlookの初回起動時の設定

ここに365のメアドとパスワードを入れて、

すんなり通るときもあれば、エラーになるときもある…。

サラっと通してー-

(B)資格情報の入力

Outlookの初回起動ウィザードですんなり通っても

資格情報を入れろとポップアップが出る。

ここに入れるのはアプリのパスワード。

365のパスワードだと通りません。

画面表示が「資格情報」だったり「MicrosoftOutlook」だったりするけど、

とにかくグレーのポップアップはアプリのパスワードを入れたらなんとかなってる。

アプリのパスワードを入れるらしい

アプリのパスワード取得

(1)Microsoft365にログイン

(2)「アカウントを表示」→「セキュリティ情報」を開く

(3)方法の追加で「アプリパスワード」を選択

(4)パスワードが表示されるのでメモ帳に貼る

※1回しか表示されない

そもそも「アプリパスワード」が出てこない!という場合は

管理者側の多要素認証の設定で「強制」になっていないと思われます。

Microsoft365 アプリパスワード

多要素認証は強制で!

(C)「コンパネ」→「Mail」からプロファイルの追加をする

某サポートに問い合わせたら、

「そもそもOutlook初回起動時のウィザードではMS365の設定はできない仕様です」との事。

いやいやいやいや。できてたよ?今まで。

もう完全に私がヘッポコ扱いで、リモートで見せろと。

サポートにリモートで見てもらったところ、やはり設定できず。

ホラね。

後日、この方法を試してくださいと言われたのがコチラ

(1)「コンパネ」→「Mail(MicrosoftOutlook)32bitを開く

コンパネは小さいアイコン表示にしてね

(2)プロファイルを追加する

「プロファイルの表示」→「追加」→名前を付ける

※画像はカッツアイ

(3)イリュージョン発動

最初の画面は下記の通り。

電子メールアカウントと電子メールアドレスが表示されています。

ここでイリュージョン発動

デフォルトで自分のアカウントが表示されてるかも

魔法の手順
(1)「〇自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする」をポチ。
(2)「〇電子メールアカウント」の方に再度ポチ。
(3)「名前」のところを触る(1文字消すとか)

なんと、パスワードを入れるエリアが出現します!

なんなの、この「無限マリオ増やせる場所」みたいな出し方・・・

次の魔法を入れて「次へ」

名前:空白スペース(空欄NG)
電子メールアドレス:MS365のアドレス
パスワード:MS365のパスワード

これで「おめでとうございます!なんたらかんたら~」が出れば接続OK!

Outlookを起動するとグレーのポップアップで「パスワード入れろ」と出てくるので、

アプリパスワードを入力して終了です。

以下の場合は残念ながらやり直しです。

・「おめでとうございます!なんたらかんたら~」が出ない
・問題が発生しました
・サーバーにログオンできませんでした
・パスワードを入れる必要があります(入れてんのによ!!)

(D)資格情報マネージャーで汎用資格情報を削除する

「コンパネ」→「資格情報マネージャー」→「Windows資格情報」

汎用資格情報にあるMS365っぽいのを削除します。

Microsoftoffice16とかoutlook.office365.comとか。

失敗したときに資格情報がおかしくなってるかもしれないから、

削除した方がよいとの事。

(E)職場または学校アカウントを削除する

「設定」→「アカウント」→「職場または学校にアクセスする」

MS365のアカウントを切断する。

再度「接続」からMS365のアカウントで接続する。

これをやってから(C)のプロファイルの追加を行う。

まとめ

「(A)Outlookの初回起動時の設定」では失敗率が高いので、

「(C)「コンパネ」→「Mail」からプロファイルの追加をする」から始めたほうが良さそう。

つかMicrosoft365のアカウントをMicrosoftのOutlookに設定するのに

なんでこんな裏技使わないと行けないんだろう…。

で、一応こんな情報も入手↓

Outlook2013forWindows以降の先進認証をオンにする

管理センター>設定>組織の設定>サービスタブ

「Modern authentication」で組織全体の先進認証のオンオフが可能。

Outlook2013forWindows以降の先進認証をオンにする

えー!ウチはオフになってるよぉおお!!

う、オフになってる。

これ急にオンにして大丈夫なのか某サポートに聞いてみました。

Outlookの古いバージョン(Outlook2013以前)の場合だと先進認証に対応していないためユーザーにも影響が出る。

Microsoft365テナント環境は、既定で先進認証は有効になっている。

御社環境で先進認証を意図的にオフにしていて、改めてオンにする場合は再認証が必要などの影響が出る

先進認証を意図的にオフにしたかなんて知らん。。

なぜなら導入した人がいなくなってしまったから!

はい、情シスあるある~

とりあえずPCキッティング時に私が何とかすれば良いので、

しばらくイリュージョン設定で様子見ようかな。

トホホ…情けない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました