シャンシャンに会いにいく@上野動物園

日々

名付け親なんで

パンダさん名前募集のとき、「シャンシャン」で応募しました。

残念ながらセレモニーやグッズの当選には至らず、

「私だってシャンシャンって書いたんだから!!」と叫ぶだけ。

何の証拠もないんですわ。

香香

応募はカタカナだったので、漢字までは指定できなかった。

私は上野の「上」と、ふるさと中国の都市「上海」をかけて

「上々」という思いで応募した。

「気分上々」って感じもするし、シャンシャンって音は縁起が良いらしい。

可愛いってことを分かっている

部屋と運動場を行ったり来たり。

写真は撮れなかったけど、ハンモックで遊んだり・・・。

「かまってちょうだい!」ポーズ、超可愛いじゃないですか。

可愛い角度を知っている。

サービス、サービス!

次のお子さんも期待できそう??

檻越しに会いたそうにしてた両親。

平日の悪天候なら5分待ち

「止まらないでください」とか

「左が空いているので詰めて下さい」と言われます。

スーパーのお会計と同じくらいの待ち時間で、

パンダ舎をぐるぐるできました。

最後尾に並んでも5分程度でシャンシャンが見えるエリアに着く感じ。

「止まるな」と言われるけど、止まって写真撮るよねー。

これが60分待ちとかになると、ピリピリして怖そう・・・・。

今回は5分待ちを3周しました。

上野動物園はスゴイ

以前より値上がったとはいえ、600円で楽しめる。

生臭いペンギンや、温かい爬虫類缶も堪能。

ワニなんて結構デカいのに、ギリギリの水槽で厳しそう。

シロクマさんも相変わらず汚れたまま、ウロウロ。

パンダやペンギンの人気を考えると、

白黒混じった方が良いんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました