JALアイランドホッピング(11フライト)2020#1

概要

日程

■1日目

羽田→福岡→那覇→奄美→鹿児島→種子島(泊)

■2日目

種子島→鹿児島→屋久島→鹿児島→福岡→出雲→羽田

費用

跳び飛びの旅 小型プロペラ機でホッピング 2日間・11フライトツアー [東京発]

118,800円

前日、蒲田入り

6:30発なので6:10には保安検査場通過。

となると、ウチから最速では駅に6:00着なんでギリ。

なので毎度おなじみ蒲田の漫画喫茶に23:00入りし5:00にチェックアウトして始発の京急で羽田へ向かいます。

案の定チェックインカウンターは混んでいた。

そしたら「チェックインだけなら40番カウンターでも可能です」との案内。

え?ウソ?そんなこと誰も教えてくれなかったし、アイランドホッピングツアーは有人カウンターに行けとの指示ですよ?

だったら蒲田前泊要らなかったかもーと思ったけど、まぁ安全な方が良いでしょう。

6:30羽田発 JAL0303便 福岡行き

JAL0303

最新A350 で快適な空の旅。

9:25福岡→那覇(JTA0053便)

羽田→福岡→那覇の乗り継ぎなんて修行僧しかいないでしょう。

この辺で「お仲間だな」って雰囲気が分かっていしまいます。

JTA0053

スポンサーリンク

12:50那覇→奄美大島(RAC0853便)

那覇では保安エリア内での乗り継ぎ。

飲食店的なものはないのでテイクアウト。

「オリオンビール」「島らっきょチップ」「ソーメンちゃんぷる」

ソーメンちゃんぷる好き

28のバスエリアに来るとトイレも空いているし、充電も空いているのでおススメ。

RAC0853

スポンサーリンク

14:40奄美大島→鹿児島(JAL3730便)

そもそも那覇→奄美便が遅れたので奄美→鹿児島の乗継が行けるのか不安。

結果的に「鹿児島行きも遅れていた」&「素晴らしい乗り継ぎ案内」おかげで問題なく鹿児島行きに乗れました。

奄美大島滞在時間は1分なかった。歩いただけ。

JAL3730

16:35鹿児島→種子島(JAC3775便)

JAC3775

ココは問題なくフライト。めっさ雨の中飛ぶぜー!

めっちゃ雨~

種子島空港

雨の中、種子島空港に到着。

ここから本日の宿「レクストン種子島」まではバス&送迎です。

路線バスで西之表港まで行って、事前予約した送迎バスでホテルまで。

種子島空港

この空港シャトルバスが曲者。

「バス停が近づいたら、降りますって言って下さいね」と運ちゃん。

「今どこだ」とか、「次どこだ」とか案内ない状態で、観光客にそれを強いるのは厳しいぜ??

今回は「西之表港からホテルの送迎バスに乗る」修行僧3名がいたので、安心して乗れました。

ホテルレクストン種子島

港のバス停からはホテルの方が迎えに来てくれます(要・事前連絡)

大浴場とサウナ有りって書いてあったので選んだけど、男性オンリーでした。

女性にはアメニティ配布でご了承くださいって事みたい。

女子でも男子でも大浴場は欲しいよ。

アメニティでごまかされる

食事処はジョイフルっていうファミレスが並列。

でもファミレスじゃなぁ・・・。

隣にあるディスカウントストア的な所で酒とツマミを買って部屋飲みすることに。

お惣菜は売ってないので、鹿児島県産と書いてあるものをチョイス。

結果、羽生くんの素晴らしいショートを観ながら飲めたでのでヨシとする。

部屋飲み

自販機のラインナップはこんな感じ

氷とアイスボックスがある所がさすが焼酎国。

焼酎買ってくればロックで飲めるよー

焼酎国の文化はすげぇ

スポンサーリンク

部屋はとても機能的で良かった

JALアイランドホッピングツアー2020@11フライト篇#2 へ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました