ミャンマー2016#3 バガン

バガン観光

初日は移動に費やしたので、やっと本格的に観光開始。

空港に迎えに来てくれた日本語ができるミャンマー人ガイドさんと合流。

ニャウン ウー マーケットへ

いかにも東南アジア!なマーケット。

意外にもトマトやカリフラワー、白菜など馴染み深い野菜が多い。

ここで民族衣装ロンジーとサンダルを購入。

着替えもさせてもらい、一気に現地になじむ。

ロンジー8000K、サンダル8000K。600円くらいかな。

マヌーハ寺院

仏塔の上は修復中・・・・。

これから有志に出資してもらうそうで。

水溜まりに映る仏塔を逆さにして水平をとったらしい。

やっぱ昔の建築ってすごいわー。

名もなき遺跡にて

バガンにはあちこちに仏塔が点在しています。

登ってもOKな観光用仏塔を案内してもらいました。

仏塔の上からは何とも言えない風景。バガンに来た!!

リバービューレストランでランチ

リバービューっていうわりにはリバーが見えないレストランでランチです。

ミャンマーでのまともな食事は初!

とりあえずビール。

12月といっても歩くと暑いので南国の薄いビールが合います。

野菜炒めや、アヒージョみたいなオイル煮も美味しかった。

内装もアジアンリゾート感出してます。

完全に観光客向けのレストラン。

ARTHAWKA HOTEL BAGAN

アトーカホテルにチェックイン。夕日の時間まで休憩します。

初日のヤンゴンのホテルがいまいちだったので期待しておりませんでしたが、

おおおお!リゾートホテルじゃないかっ!!

12月だけ日中は汗ばむので、泳げなくはないかも・・・。

欧米系の人は泳いでいた。しかし何故か塩水。

12/24に敬虔な仏教国にわざわざ来たけど、スタッフはサンタの恰好。

まぁいいけど。

サンセット@仏塔

この上に登って夕日を見ます。

が、なんせ裸足じゃないといけないので、なかなか厳しい登り。

苦労して登ったかいがあって、素晴らしい眺めです。

完全に民族衣装ロンジーが馴染んでいるので、

ガイドさんと日本語で話をしていると、周囲の日本人観光客に

「あらー、あなた日本語上手ね。あら?日本人??こっちに来てどのくらい?」と聞かれるw

…スミマセン、昨日きたばかりの観光客デス

日頃の行いが良いせいでしょう。

美しいサンセットを拝めました。

人形劇付きディナー

観光客向けレストランなんだろうけど、

現地の伝統芸のを見られて面白かった。

楽器も琴みたいなのとか、横笛とか通じるものはあるけど、独特で面白い。

食事はワンプレート。

ご飯がセンターを陣取り、周りにおかずと薬味。

手前の空いたスペースにご飯とおかずを好きなようにとって混ぜる。

すっごい合理的なワンプレートじゃない?欲すぃ。

何の祭りだったのか・・・

日本では山下達郎を聴く日、12月24日。

何かの祭りが行われておりました。

ホテルの前の通りを軽トラの後ろにスピーカー積んで、踊って練り歩く。

ちょっとブラジル的要素を感じる行列です。

しかも乗ってるのは小学生!

部屋に戻って寝たいけど、うるさすぎて気になる(笑)

もう音楽も装飾もムチャクチャなもんだから、

同じホテルのドイツ人と大爆笑しながら観ていた。

広場に着いたらそこで騒いで終了っぽい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました