イラン2018#4 カラート村経由イスファハン

2018年2月13日(火)深夜特急気取りの移動日

マスジェデ・ナスィーロル・モスクの予備日でしたが、

昨日の方が天気も良く、光の洪水に満足したので

マスジェデ・ナスィーロル・モスクには寄らず、イスファハンに向けて出発!!

カラート村を散策

ホテルを8:30に出て、1時間ほどでカラート村へ到着。

トリップアドバイザーで見て、いいなぁと思って。

ちょうどシーラーズからイスファハンの途中にあるので、経由したいとリクエスト。

標高が高くて涼しいので、イラン人にとって避暑地らしい。軽井沢的な。

なので2月に行く人は少ないですって旅行会社に言われてたけど、行ってみた。

こーゆー外壁、たまらん!

イランの軽井沢だけあって、バシバシ新しい別荘が建設中。

古き良き町並みは崩れっぱなし。。。

昔から住んでいる人も、山の上を離れ、便利な都会に引っ越しているそうです。

猫さんが絵になる村。

しかし、ペルシャ猫がいない。。茶トラとかアメショ風ばっか。

ガイドさんにペルシャ猫はいないのか?と聞いたら

「高級な猫は家から出すわけないでしょ。」との事。

カラート村からイスファハンへ

シーラーズ⇒イスファハン⇒テヘランと陸路移動。

いよいよ深夜特急なぞる企画のスタート!

食用にされるのに可愛く微笑む鶏の看板が妙に気になった。

ひたすら岩みたいな山の間を走ります。

立派な舗装道路で、快適。120キロで飛ばす。

ここを大沢たかおも沢木耕太郎も通ったんだねぇ。。。

16:00くらいにイスファハン市内に到着。

寄り道と休憩もしたけど、8時間車で移動は結構疲れる。

ハージュ橋

ホテルに行く前に橋を見学

橋の中の回廊では歌を歌ったり、おしゃべりしたり。

大人が本気でバレーボールをやっていた。

ガイドさんが「橋の下は響くから、みんな歌を練習しにくる」というので、

「日本でも橋の下で歌ったり、楽器の練習をするよ」と言ったら、驚いてた。

お風呂と橋の下は万国共通リバーブですね。

やっぱイランの人は良い声してるし、歌うまいなぁ。

夜のイマーム広場


ホテルにチェックインしガイドさんと食事した後、人でホテル周辺をブラブラ。

世界遺産・イマーム広場まで徒歩5分という好立地ホテル!!

形が美味しそうに見えないソフトクリーム。

いよいよ世界の半分と称されたイマーム広場

昔の王様アッバース1世が1597年に作成。

昔は「王の広場」って言っていたけど、

イラン革命で王政が倒されてから「イマーム広場」という名前に。

イラン人は「イマーム広場」って言いたくないらしい(ガイド談)

イスファハンのバーザール

縦約500m、横約160m、ぐるっと一周バーザール。

さらにその先にもバーザール。

そんなに店あって大丈夫か?ってくらいバーザール。

かわいいアクセサリー!買わずにすっごい後悔している。

クレカ使えない国なので、「この先もっと素敵な物に出会うかも」

・・・と思ってたら節約モードになってしまった。

素敵なブルー。

あぁ、これも買えばよかった。

無理してでも連れて帰るべきだったかー。

バーザールは21:00くらいまでやっています。

女性も子供も買い物しているので、1人でも安心してウロウロできる。

しつこい呼び込みもなく楽しい。

値段が書いてないし、ガイドさんもいないし、何も買わずにウロウロ。

あぁ世界一楽しいウィンドウショッピングでした。

次回来るときは、ここで買い物は全部済まそう。

5日目へ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました