イラン2018#5 世界の半分イスファハン

2018年2月14日(水)イスファハン⇒アブヤーネ⇒カシャーン

イスファハンを観光してからカシャーンまで移動します。

イラン人に「イランではどの街に行くの?」って聞かれて

「イスファハンとか・・」って言うと、

「イスファハン!!あそこは良いよ。楽しんで!」と言われる。

3人くらいに同じこと言われた。みんな大好きイスファハン。

イスファハンという土地に誇りを持ち、全力でおススメしてくれる。

日本でそんな場所あるかなぁ・・・と考えてしまう。

 

朝のイマーム広場

イスファハン イマーム広場

6:00くらい

イスファハン イマーム広場

数名の人間とカラスしかいない

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

王様専用モスク。宮殿から地下でつながってるらしい。

1618年に完成。

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

王様モスク

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

すごい芸術

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

王様専用だからね

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

イランの人が1番美しいと思ってるらしい

天井には孔雀のオブジェがあって、太陽の光で尾を表現。
どの時間帯でも尾ができるように光の取り入れ方を工夫しているらしい。
美しい。

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

光の入れ方の計算がすごい

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

金ならあるぜ!って感じだったのか?

マスジェデ・イマーム

どーん!!とコチラも素晴らしいモスク。

マスジェデ・イマーム

美しいミナレット

塔の部分はミナレットと言って、

灯りをともしてキャラバンの道標にしていたそうです。
灯台と一緒。

マスジェデ・イマーム

中庭

内装も素晴らしいです。

音がディレイ&リバーブするところがある。

日本でいえば「鳴き龍」的な。

マスジェデ・イマーム

鳴き竜のとこ

コーランをここで聴いたら、本当に「神の声」って思うかもしれない。

マスジェデ・イマーム

宗教に興味はないけど、宗教建築は面白い

そして重要なモスクの玉ねぎ部分は改修中。。。

マスジェデ・イマーム

大きな玉ねぎの下で

ガイドいわく、「100年に1度だから、ラッキーだよ」って。

出雲大社の改修に出くわした時と同じ感じだな!

マスジェデ・イマーム

改修マニアになるか

アーリーガープ宮殿

あの壮絶なモスクを作った王様の宮殿です。

表から見ると3階建てだけど、裏から見ると5階建て的な不思議な建物。

アーリーガープ宮殿

細い演出だなぁ

バルコニーは改修中で入れず。。。

アーリーガープ宮殿

またここも改修かっ!

この楽器を象った装飾。

音を響かせるための工夫かと思いきや、真逆!!!

すっごいデッド!!!吸収されまくり!!

宴会のどんちゃん騒ぎが外に漏れないように作ったんだと。

レベル高すぎる!

アーリーガープ宮殿

めっちゃ吸音するから

イランの人が誇りに思う街。確かに素晴らしかった。

移動開始

午前中にイスファハンの観光を終え、カシャーンに向かいます。

イスファハン観光っていっても、イマーム広場周辺だけだったので、

次回はもっとゆっくり滞在したい。

街と街の間は相変わらず荒野。

荒野のメガロポリスを歌う

ガソリンはリッター30円なので、「安!!」と思いますが、

イランの方にとっては高いそうです。

さすがオイル国

アブヤーネ村

カシャーンの前に、アブヤーネ村に立ち寄ります。

アブヤーネ村

アブヤーネって響きが良い

アブヤーネ村

赤土の家がかわいい

アブヤーネ村

アップダウンある山道。。。

アブヤーネ村

共同水道のタイルが可愛い

アブヤーネ村

オフシーズンのせいか誰もいない

イランの町や村ではイラン・イラク戦争で戦死した方の遺影があちこちにある。

最初は選挙でもあるのかと思っていました…スミマセン。

アブヤーネ村

遺影

カシャーン着

アブヤーネ村から1時間くらいでカシャーンに到着。

パッケージツアーではテヘラン泊だったんだけど、

郊外の邸宅ホテルに泊まりたかったのでアレンジ。

カシャーン

邸宅ホテル泊

ちょっと休憩してホテル系列のレストランで食事して、爆睡。

ドアもセンスいいな!

#6カシャーンへ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました