イラン2018#8 ホテル篇

イランのホテルってどうなの?

アルヨーバルザン@シーラーズ

出発2週間前まで、どのホテルになるか分からないプラン。

不安だったけど、全然問題なし!!むしろ最高!!

エネゴリ君みたいなポーターさんが超可愛い。

ダリみたいなヒゲの支配人の笑顔と気配りが素晴らしい。

観光地からはちょっと離れるが、商店や飲食店には困らない。

朝食は普通にビュッフェ。

野菜(トマトときゅうり)、チーズ、フルーツ、パン、スープ、ヨーグルト。

イランの伝統スープもあるよ。

「ごまペーストとぶどうシロップをヨーグルトにかけるのが定番」とガイドさん。

ありえねぇ!と思ったけど、これが美味!!!!

クリームチーズにクミンシードをまぶしたヤツと、

カレー風味のどろどろした豆のスープが美味しかったので、おかわりw

これもユニットバス?トイレとシャワーブース。

トイレは紙を流せないので、ごみ箱に捨てるスタイル。

トイレットペーパーを流せる国の方が少ないよね。

ホテルの冷蔵庫(ミニバー)のメニュー。

4万リアル=1アメリカ$なので、ノンアルビール1缶=1$弱。

ま、100円くらいか??

セターレ@イスファハン


こちらもギリまで分からず、「セターレ同等クラス」だけでしたが、

結果オーライ!とっても良かった。

立地が最高すぎるでしょーーー!

セターレ指定ってツアーがあるなら間違いないです。っていうか、セターレ指定にしたい。

なんてったって、世界遺産イマーム広場まで徒歩5分!

空いてる時期だったのかもしれないけど、1人旅にベッド3つ(笑)

10分おきにベッド変えてやっても良いくらいだ。

ユニ

ットバスだけど、バスタブ付き!!!ちゃんとお湯もはれました。

タイルが可愛い!!

朝食ビュッフェ。

野菜、フルーツ、ナン、チーズ、ヨーグルト、スープという定番シリーズ。

やっぱ地元の「ドロっとした何か」がうまい。

モシュディハウス@カシャーン

MORSHEDI HOUSE

モシュディって読むのか分かりませんけど。

昔のお金持ちの邸宅をリノベーションしてホテルににしてるやつ。

元のツアーは、テヘランのホテル泊だったけど、

アレンジしてもらい、希望した邸宅ホテル3つのうち、取れそうなやつを選んでもらった。

お部屋。美しい。ちょっとお嬢様になった気分。

まぁ、部屋の広さから言えば、使用人の部屋だったんだろうけど。

水回り。ユニットバスでシャワーのみ。

可愛くて清潔。全く問題なし。

食堂。

ホテルの朝食バイキングだと、お皿がつまんないけど、

こちらは食器も調理器具も可愛いー。

食堂のおばちゃんと身振り手振りで会話し、

「ナンはまだ届いてないけど良いか?」と言われていたことが判明。

しばらくして反物みたいなナンを持ったおじさん登場。

ホテルみたいに種類はたくさんないけど、とっても良い雰囲気。

コーヒーをダラダラ飲みながら、宿のお姉さんとカタコト英会話。

といってもカタコトなのは私で、お姉さんはペラペラ。

「旅の指さし会話帳ペルシャ語」を駆使して、日本語・英語・ペルシャ語で会話?

お姉さんはテヘラン大学在中(←めっちゃ頭いい)

おバカちゃんに付き合ってくれて、ありがとう。

イラン2018#9 ドバイ乗り継ぎ、シャワーを浴びる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました