富士山2019@#4須走5合目へ下山篇

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10:45須走ルートで下山開始

久須志神社でも御朱印を頂き、

御朱印に6000円かけた富士登山も後半戦です。

雲の上

須走ルートも富士吉田ルートも、下山の初めは一緒。

しかもブルドーザーが通る「ブル道」

慣らされていて超歩きやすい!っていうか、ただの坂。

ブル道

この雲の上に立つ感じが病みつきになるんです!

頭を雲の上に出し

11:35須走と富士吉田の分岐

間違える人、続出ポイント。

今日は晴れているので間違えないけど、

ガスっていると間違えちゃうらしいですよ。

スピーカーから3か国語で「左は富士吉田、右は須走」と垂れ流し。

かつ、警備のおじさんが声かけをしてくれる。

コースタイムの確認をしていたら「大丈夫?分かる?」って。

心配してくれて、ありがたいです。

こんな場所に立って、ずっと道案内しているおじさんの方が心配。

分岐注意

植物が生えている標高まで降りて来た。

久々の草

12:00 須走口本七合目 見晴館

本・・って。

須走ルートは初めてですが、

ここも謎の7合目ループがあるんですかねぇ。

地獄の7合目ループ?

12:25 須走口七合目

やっぱりキターー!まだ7合目???

7合目地獄

太陽館の休憩は1時間1080円。

うっかり寝過ごしたら大変。7合目地獄。

時間制・・・

太陽館を過ぎたら、いっきにシンプルに。

小さい下山道の看板を頼りに下ります。

こっからシンプル

13:35 砂払い五合目?

昨年、御殿場ルートの大砂走を経験したので

「ただの砂走」なんて余裕かと思っていた。

はい、すみませんでしたー!超つらい。

須走ルート下山道には六合目はないっぽい。

永遠に「五合目」の標識だけを観て下る・・・・。

∞五合目

13:50 須走口砂走五合目

五合目着いたーーーー!!

私はここからすぐバス停だと思っていたが、大誤算。

ここからまだ30分かかるがな!!!

とはいえ「大気の状態が不安定」な中、

落雷リスクが高まる14:00までに

安全圏に降りれて良かった。。

五合目

砂走五合目には音楽をガンガンにかけた茶屋が。

ここからバス停までは森林の中を歩きます。

これが後半戦にキツイ。メンタル的に。

植物!!

むぉおお、ツライ。

バス停はまだか??

あまりにも死んだ顔をしていたのか、

バス停側から登って来た人に「頑張れ!」と言われる。

いやいや、あなたの方がこれから登るんだから頑張って下さい。

ありがとうございます。

山あるある。あと少し!

下山後あれこれ

計画的には須走五合目に着いたら、

バスがあれば御殿場へ、なければタクシーで天恵って温泉へと思っていた。

突然、五合目の茶屋のおじさんが「バス?御殿場?」と近めに声かけて来た。

私が「え、バスあるんですか?」と聞くと、

「あそこに停まっているの御殿場行きかも。ちょっと待って!」と言って

無線で「これから2人行くから待ってて!」とバスを停めてくれました。

で、「1人はバス行って、1人はチケット買って!!」との指示。

相棒がバスへ向かい、私は茶屋でバスチケット購入。

おじさんが「御殿場行き2枚、急ぎで!!」と叫んでくれて、

サクサク手続きが進む(笑)

チケットをゲットして、「ありがとうございました」って言うと

食い気味におじさんが「走れ!」と。

バス会社の人、五合目のスタッフの人が「おーい!こっちこっち!」と誘導してくれる。

優しい。

優しくて泣きそうだけど、ここのダッシュが一番キツくて泣きそう。

御殿場って素敵

御殿場駅から徒歩圏内の「人参湯」

普通の銭湯だけど、外の水道で泥を落とさせてくれるし、

登山中に出たゴミも回収してくれる。

他の登山客もいたし、これから登りますっていう方もいた。

御殿場駅ビル?の居酒屋

本当に失礼な話、店構えからして期待していなかった。

ロマンスカーに間に合うために、近場でビールがあれば良かった。

そしたらこの居酒屋さんが超大当たりで。

創作串揚げ、どれを頼んでも美味しいし楽しい!

「ヤバい!美味しい!!!」を連発していたら、

「こちら料理長からサービスです。美味しいって言って頂けたので」

と、串揚げサービス!

どんだけホスピタリティに溢れているんだ御殿場。

御殿場LOVE!

コメント

タイトルとURLをコピーしました