エリザベート2019@帝国劇場

いつの間にかチケット入手困難

JALカード枠(正確には三菱UFJニコス枠)でゲット。

新演出になってから初のエリザ。

初めて観たのは10年くらい前。

石丸トートが観たいから観に行った。

トートはリバーブかけすぎちゃって、石丸さんの良さが感じられず。

んー、イマイチというイメージだったけど、

やっぱ「音楽カッコイイ!」と思いまして、久々の観劇。

忙しい人の為のエリザベートあらすじ

ルキーニっていうエリザベートを暗殺したヤツが、ストーリーテラー的にずっと現れる仕組みです。

以下シシィ(エリザベート)目線のあらすじ。

(1)木から落ちた経験上、死神トートが見える。

(2)そもそも姉用の婚約者に見初められ、皇室入り。

(3)姑がクソ、かつ旦那がマザコン。
(4)死神、旦那、姑、子供の間でグラグラに揺れる。

(5)子育ては自分でやると言いつつも、放浪の旅に出る。

→ミルク風呂に入ったり、肉パックしたり、器械体操したり、

美貌を維持するために、やりたい放題!!!

(6)息子も死神が見える体質で、猫を殺したりする。

(7)息子もいろいろあって、母親に助けを求めるが拒絶される。

→自殺

(8)息子の自殺でヨレヨレのエリザ。

(9)王族なら誰でも良かった的なキチガイ・ルキーニに刺されて死亡。

キャスティング

ヨーゼフ万里生くんの、年取ったとこが良かった。

ヨボヨボで突き飛ばされて、最高のダメ男!

ラブネバのラウルと被って「ダメ男」っぷりが良かった。

祐一郎トートのイメージが強すぎるので、

古川トートは若干おとなしく感じた。

祐一郎トートが濃すぎるのかもしれませんが。

「死神見える」「猫殺す」「ミルク風呂」「生肉パック」など、

つっこみ所が満載のエリザベート。また観ちゃう気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました