赤岳2019@八ヶ岳#1出発~登り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山ガールツアーで八ヶ岳へ

お馴染み竹橋を出て談合坂SAで休憩。

最終的には蝶まで行くらしいので、間違いそうになる。

北アって書いてあるしー

2:00八ヶ岳山荘着

ここで仮眠。

6時起床なので4時間横になれる!!

これはかなりウレシイ。

この仮眠、重要ですよ!!

2段ベッドでプライベート確保。

お部屋も毎日アルペン号貸切になっていた。

6:30八ヶ岳山荘で朝ごはん

私は八ヶ岳牛乳と、持参のおにぎりと、羊羹。

朝定食みたいなのも頂けます。

ガイドさんに「足りるの?」と心配される

さて出発!

なんと小屋番さんが荷揚げするというので、

私達の荷物も車が行ける所まで運んでくれる事に!!!

ありがたいことに、お散歩状態でスタート

7:50分岐

何の分岐だったかw

8:00またまた分岐

また分岐

この辺はずっと林道を歩くはずなのですが、

ガイドさんの案内でショートカット

ガイドなしでは無理かも

沢沿いに歩いて気持ちいい

8:20美濃戸山荘着

美濃戸山荘

車モチーフのストーブが可愛い

飲み物、野菜が冷えてます!アイスもあるよ。

でもまだ登りだから我慢。

ご褒美はおあずけ!

苔の緑が八ヶ岳っぽくなってきた!

9:00荷物と合流

運んで頂いた荷物と、荷物番?の寝ていた添乗員さんと合流。

ここからはそれなりの荷物を背負って登ります。

荷が重い・・・

10:30大同心、小同心のビューポイント

「あれが大同心ですよ!!!」と言われても大同心を知らなかったので、

わぁああ!!!と知ったかぶりリアクションだけしておいた。

大同心、小同心

10:45赤岳鉱泉

お水を汲んだり、お手洗いを借りたり、小休止。

私はグッズ物色と小屋スタンプ押印。

山ガール憧れの赤岳鉱泉

オシャレな売店

ここでヘルメットを借りて、返却は行者小屋っていうのも可能みたいです。

ツアーメイトさんはここでレンタルしてました。

?同心って何??

12:00行者小屋に到着

名物・ぎょうざラーメンを頼むしかない。

ギョウザ!!

こんな山奥で、この完成度。ハンパねぇ。

水餃子もモッチモチで美味しいし、スープも美味しくて完食。

クォリティパネェ

行者小屋といえばNorthとコラボの「山なめんなTシャツ」

売切れだったーーーー(泣)

これの為に現金もたんまり持ってきてたけど。

仕方ない。また来よう。

13:00地蔵尾根をひたすら登る

なかなか急斜面。

鎖場、ハシゴの連続だけど、こーゆーの好きなので楽しい。

岩稜好きっす

13:50赤岳山頂が見えた

本日の宿、赤岳展望荘も視界に入るように。

え、あそこまで行くの?

まだまだあるねぇ

地蔵尾根クリア

あとちょっと!

先日登った富士山も見えた。

富士山は登る山ではなく見る山!という意見もありますが、

登った富士山を遠くから見ると誇らしい気分になりまっせ!

あそこまで行ったんだなぁ・・と思うよ

赤岳@八ヶ岳#2赤岳天望荘 へ続く

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました