八ヶ岳2021白駒→横岳縦走 #2

5:30 横岳へ向けて出発

前夜、横岳・赤岳方面に向かう人同士で

「天気次第だよね~」って話をしていた。

各自の信用している天気予報を提供して盛り上がる(笑)

12時から降るっぽいから午前中は行けるっしょ!

という意見に統一されました。

しかし朝起きてみると外は真っ白、

NHKでは「諏訪市に雷注意報」

横岳は挑戦して、後は考える!作戦にしました。

高曇りのうちに横岳を乗り越えろ!!

なんせ横岳にビビりまくっている私。

山小屋で一緒だった方々が周辺にいるので心強い!

最初の方は何てことない

6:20 台座の頭

大阪から来たご夫婦と一緒に登ってきた。

富士山が見えるとテンション爆上がり!!

私も相当テンション上がるけど、

大阪から来てたらもっと感動するよねー。

絵に描いたような富士山

金峰山と瑞牆山方面

高曇りで視界は良好。南アルプスがチョイ見え。

さぁ、いよいよ鎖やらハシゴやら出てくる

アスレチックゾーンに突入です。

鎖のまま上に行くもヨシ

横ばいっぽいけど、十分足を置けるので怖くなーい

鎖があるから安心

濡れたハシゴは怖い

6:45 横岳

若干ルートをミスって到着。

すれ違いの人に「そっちじゃないよ!」と声を掛けて頂き、

事なきを得る。

「×マーク」を見落としてました。。。

憧れの横岳

ありがたいことに高曇りで無風。

歩きやすい気候!

富士山が近づいて来たがする

先はまだまだあるぜ

どこまで行けるか分からないけど、

赤岳を目指して出発~

狭いけど、そんなに危なくない

雨が降ってきて濡れた鎖が滑る

にわか雨かなぁ~くらいに思ってた雨も本降りに。

完全雨対応装備に変身。

あぁ、本降り

8:00 地蔵尾根分岐

「雨でペースダウンしたらバスの時間に間に合わないかも」

「赤岳は行ったことあるので無理しなくても良いか」

という事で赤岳は断念。

地蔵尾根から降りちゃいます。

とりあえず行者小屋まで

雨の地蔵尾根はなかなかシビれる・・・。

滑りますよぉ

9:15 行者小屋

本当はココでラーメンタイムだったけど、

赤岳断念につき早く着いたから営業時間前でしたー(泣)

ラーメンは11:00から。

山なめんなよ

ここからは南沢を下りまーす。

ここも2019のツアーで通ったけど記憶なし。

雨で道はプチ沢状態

暇だから苔をマクロモードで撮影

暇だから苔をマクロモードで撮影2

私としたことが、もののけフィギュアを忘れて来た

湿った森は良い感じ

コースタイム1時間40分だったけど2時間ちょいかかった…。

長い、ツライ。

南沢の雰囲気は良いんだけどね。長いよね。

で、こっから土砂降り林道歩き1時間。

はぁああああ辛かった。

途中で軽自動車に道を譲ったら、

硫黄岳山荘で孫娘役だった20代女子の車でした(笑)

12:10 美濃戸バス停着

とりあえず風呂。

先客がいたけど、途中で貸切状態になったので

1時間たっぷり風呂に浸かってやりました(笑)

勝利のビール!!

ツマミのチキンナゲット、1人には多すぎる…。

量ってよりは味ね。飽きるよw

カツカレーか、天ぷら蕎麦にすれば良かったなー!!

ビール飲み干してもバスの時間まで1時間あるので、

今度はコーヒータイム。

八ヶ岳焙煎が好みでした。

イメージ焙煎

15:25の毎日あるぺん号で帰京

釈迦堂SAで1回目の休憩。

そしたら硫黄岳山荘で一緒だった女性の姿が!!

なんと同じバスに乗っていましたー。

お互い全く気が付かないのもスゴイ(笑)

石川SAで2回目の休憩をとって、

19:30に西新宿に到着。

横岳に関して調べると

「横ばい」だとか「ナイフリッジ」だとか

ビビるワードばかり。

でも思ったより怖くなかった。

もちろん危険個所だけれども。

百聞は一見に如かずだなぁ‥‥。

今回も充実の山行でした。

八ヶ岳2021白駒→横岳縦走 #3硫黄岳山荘へ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました